浮気調査の対応エリアは日本全国

東京・神奈川県での浮気調査は格安です!
都道府県別浮気調査総額費用は料金メニューまたは以下の都道府県別よりご覧下さい。)
北海道 | 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 | 東京都 | 神奈川県 | 埼玉県
千葉県 | 茨城県 | 栃木県 | 山梨県 | 群馬県 | 新潟県 | 長野県 | 富山県 | 石川県 | 福井県
愛知県 | 岐阜県 | 静岡県 | 三重県 | 大阪府 | 兵庫県 | 京都府 | 滋賀県 | 奈良県 | 和歌山県
鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 | 徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 | 佐賀県 | 福岡県
長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 | 沖縄県

浮気調査の重要性

 現在、日本の離婚率は大凡2分1組とも言われております。その理由の中で最も多いのが異性関係への疑い。しかしながら疑いのみで夫婦間・恋人間の距離を空論で開けてしまった結果も少なくありません。実際にちょっとした異性との交流がきっかけに日々疑いの目を持たれ束縛を受け自宅へ帰るのが重荷となった結果、独りで時間を潰して帰宅している調査結果も多く存在します。現実をしっかり把握する事で離婚と言う最悪の事態を回避出来ることもあります。また、浮気と言う境界線は人それぞれではありますが、慰謝料請求に値する民法で定められた浮気は不貞行為(肉体関係)となります。よって異性とのメールや連絡(内容による)・食事(デート)は民法上の不貞の立証とはなりません。
浮気調査後は離婚か?修復か?
もし、その疑いが調査により確信となった際には修復手段や有利な離婚へのアドバイスも当社スタッフカウンセラーにより行わせて頂いております。また経済的な分野においては調査費用も結果によって慰謝料(解決金)へ含み相手方へ請求も可能な場合も御座いますのでご相談下さい。

浮気による慰謝料請求法的ワンポイント

浮気調査関連法的ワンポイントアドバイス
民法の定める離婚理由(民法770条1項)
 配偶者に不貞な行為があったとき(俗に言う浮気)
 配偶者から悪意で遺棄されたとき(夫婦としての「同居義務」「協力義務」「扶助義務」を果たさないこと)
 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき(行方不明など)
 配偶者が強度の精神病にかかり回復の見込みがないとき
 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき(性格の不一致、性の不一致、DV、浪費など)
慰謝料請求に対する浮気の立証
 ×デート ×不貞内容の具体的な記載の無いメールなど
 ○ラブホテルなどへの出入り ○異性宅への長時間滞在または数回の出入り etc...
 また、たった一度の性行為ということではなかなか慰謝料請求が難しく認められたとしても
 金額が低廉になるというのが現実です。高額な慰謝料を認めさせたい場合では継続的関係があることの
 証明が必要とされています。
浮気相手に慰謝料請求する場合
 浮気の立証に加えて「交際相手が既婚者である」ことを知っていること(故意)が必要となります。
 また、仮に知らないとしても、知らないことに落ち度(過失)がある場合には慰謝料請求が可能です。
 例えば、仮に交際相手が「自分は独身だ」と言い張っていたとしても、
 職場が同じ場合などで既婚者であることを知らないことに落ち度があると判断される場合もあります。
浮気相手に慰謝料請求する請求権
 不法行為(浮気)に基づく損害賠償請求権が成立するためには「損害」が必要です。
 浮気における「損害」とは、婚姻関係を破綻させたことです。
 不倫関係の開始時に既に婚姻関係が破綻していたような場合には慰謝料請求することができません。
 婚姻関係が破綻している状態例は、
 ●長期別居している
 ●同居しているが、セックスレスや家庭内別居で会話も殆どない etc...

浮気慰謝料計算機

慰謝料請求時効
 浮気の事実を知った日から3年間(財産分与は2年)民法724条
 ※時効間近または経過後でも不倫相手へ慰謝料請求出来る方法もご提案させて頂いております。

浮気調査の依頼をご検討中の方々へ 4日・7日のパック(責任調査)をオススメする理由

浮気調査は、お客様の未来を左右する重要な責任です。

 探偵の取り扱う業務の中で最もポピュラーな浮気調査において、浮気・不貞行為の証拠収集にピントを合わせた非常に効率が良く、しかも無駄のないシステムです! 例えば、もしアナタ様がパートナーの「浮気・不貞行為」に疑問を持った時、まずは「一番怪しそうな日」を考え1日だけ浮気調査の依頼をしたとします。 ですが予想に反して全くパートナーに動きが見られなかった場合、その1日は無駄になってしまいます。それはアナタ様にとっては勿論のこと、私共にとっても非常に残念な結果となるのです。なぜなら、プロの調査員達はいつも「よし!浮気調査だ!絶対に良い浮気・不貞行為の証拠を撮ってやる!」と勢い込みながら何時間も張込み、アナタ様の一番良い武器となる「浮気・不貞行為の証拠収集をする事」に浮気調査の醍醐味を感じているからです。 しかも場数を踏んできたプロ調査員の感から「今日は動かないかもしれない気配」を感じても、アナタ様から「指定された日時」ですから浮気調査を途中で止める訳にもいきません。かと言って、浮気・不貞行為の証拠収集が成功するまで「じゃあ次はこの日」ダメならまた「次はこの日」・・・と言うように進めて行くには費用が嵩んでしまいます。そこでパートナーの浮気調査、それに付随した浮気・不貞行為の証拠収集を希望される方の経済的負担を視野に入れ、尚且つ効率的に浮気調査を進め、1日も早くアナタ様の為に「武器」としての「浮気・不貞行為の証拠収集」をしてご報告出来ます様、この「責任調査(浮気調査)」というシステムを考え出したのです。簡単に言うと「決められた日数内で決められた浮気・不貞行為の証拠収集をする」というものです。この責任調査で決めた事項は、万が一「パートナーの浮気」により、調停や裁判に発展した時にアナタ様にとって必須となる証拠ばかりです。それを効率良く調査する為に、前述の様に「今日は動かない様子」と判断した場合は調査を打ち切ります。ですが、もしパートナーに「いつもと違う動きがあり、浮気する様子」と確信した場合には、無制限の時間のもと「実際の密会現場」から浮気・不貞行為の証拠収集をした後は浮気相手を追えるところまで追い、浮気相手の住所・氏名まで判明させます。何でもそうですが・・・実際の浮気調査についても1発1中は殆どないのが現状です。ですから、浮気調査として毎回単発で調査を依頼されるよりも、「責任調査(浮気調査)」として「決められた日数内(4日コースと7日コースがあります)」を丸々私共にお任せ下されば、調査の押し時・引き時を計りながら「浮気・不貞行為の証拠収集」をする事が可能です。実際に当社の統計として、「単発調査を数回」よりも「責任調査(浮気調査)」の方が「浮気・不貞行為の証拠収集」には有効との結果も出ております!

都道府県別浮気率や不倫相手との出会いのきっかけなど浮気関連参考資料

更新情報・お知らせ

PAGE TOP

日本全国 ご相談無料

浮気調査のご用命はフリーダイヤル:0120-83-8643
【受付】12:00〜20:00(日・祭日定休)

優良会員証受証事業所

神奈川県調査業協会優良会員証

ソーシャルネットワーキングサービス

facebook google_plus twitter

精液検査薬チェックメイト取扱店


浮気調査の化学兵器、精液検査薬 | チェックメイト
ご購入 数量
  
<< 詳細 >>